第46回!you happy,we happy!支援先決定!!つないだ手から繋がる安心を「特定非営利活動法人 TENOHASI」

コアバリュー

こんにちは!千葉支店の池田です!◎

今回は「you happy, we happy!支援」についておはなしさせていただきます!

実は私が支援先に選ばさせていただいた支援先になります…!

you happy, we happy!支援とは??

そもそもどのような意味があるんですかね、、、

you happy,we happy!とは三方良しのhappy!(=you happy)と物心両面のhappy! (=we happy) の意味があり、この支援ではお客様に頂いた利益を世の中へ還元するって意味があります!
そして毎月2団体様に支援しています!

今回選ばさせていただいた理由は、コロナの影響で失業したりして給料が少なくなったり、完全に0になってしまったり。そのような理由で炊き出しを貰いに行く人が多いとニュースで見ました。
そのような方がコロナになる前から、コロナになってから、多いのであれば、少しでも今のこの現状に力になるような団体へと思いました。
また、衣服など私は着なくなったけどまだ着れるものだったり、広まれば大きなサイクルが出来ていくように思いました。

TENOHASIとは??

今回支援先に選ばさせていただいた「TENOHASI」さんについてご紹介させていただきます!

詳しくはこちら【https://tenohasi.org/】をご覧ください!!

失業や病気や障害、暴力、、、理由は様々ですが、生活に困難になってしまった人々のささえになろうと、池袋を中心にTENOHASIさんは一緒に話し、考え、行動し、安心できる場所を見つけられるよう手助けをしています。

2003年から活動を開始したその年は生きにくい世の中にゆとりがなくなり、自死者数が急激に高まってしまった年で、この状況から「すべての人に安心出来る場所を」をという思いで活動を続けられています。

団体名の「TENOHASI」にはどんな意味あるんですかね?

それは….2003年の発足当初は「地球と隣のはっぴい空間池袋」という名前だったけど、それを英語にして「The Earth and Neighbor Of Happy Space Ikebukuro」の頭文字をとって人と人が手をつないではしを渡っていく意味のある「TENOHASI」となりました!

どのような活動をされているのか

ホームレス状態の方々に毎月の第2第4土曜日に炊き出しを行っていて、約250人分の食事を作ってくばりながら生活・医療相談なども並行して行っています!

大都会の駅から近い場所で行われていたことが驚きです…!!

また、人それぞれ困っていることや理由は違うので、「夜回り」と言って継続的に声をかけていく活動もあります

ほかにも「はりきゅう」や「マッサージ」もあって、快適に寝られる場所ではないので、体の不調などもすっきりすると思うし現状の改善として良い!

ちなみに、誰でも簡単に出来ることは?

HPの方にお知らせがあります!今必ずと言ってもよいほど必要なマスク、買えなければ手に入れることが出来ません。
自分自身の分だけではなく、家に少しでも余っていたら手助けしてみませんか。

洋服もただ捨ててしまうのではなく、次使ってくれる人がいるのなら、誰かの役に立つのならとてもよいですね

HPには学生でも一人でも誰でも可能なボランティアの募集も掲載されています。
一回でも当日の参加でも可能なようなので、手をつなぎに参加しに行ってみるのもよいですね

最後に

活動内容を知ってさらに広まってほしいと思いました。いつだれがどのような状況になるかわからないからこそ、このような場で学べることもあると思いました。
私は簡単にはいけないからこそこの形で支援出来て良かったと思います。
また、ひとりでも多く安心できる場につながると良いと思いました。

今回は第46回you happy,we happy!支援先の想いの部分などをピックアップしてお届けしました!このyou happy,we happy!支援の支援先は社員自ら選び、考え抜いた団体を推薦させていただいております。

また、過去にも数多くの場所へ寄付させていただいております。こちらからぜひともご覧ください!【https://event21.co.jp/support.htm

記事の有効期限: 2020年9月15日 Tuesday 8:00am

コメント

タイトルとURLをコピーしました