1日1物語~コロナキャンセルでの気遣い~

1日1物語

『  コロナキャンセルでの気遣い  』

日付:2020年4月15日                      

著者:岩井あみ(千葉支店)


それは、幕張メッセで食べ物のイベントを開催するにあたってシンクのレンタルを検討されているお客様でした。

発注を頂いたのですが、コロナウィルスの影響で中止となりキャンセルになってしまいました…。


しかし、そのご連絡には淡泊にキャンセル要望の内容ではありませんでした。

メールで、このような状況なのでお体にはお気をつけて下さいとご心配くださったのです…!

イベントが中止になって、バタバタと忙しい中周りへの気遣いを忘れない優しい方だなぁと思いました。#相手目線

また、他会社の自分にもそんな一言を言っていただけると思っていなかったので、”驚き”と”感動”とその後に”嬉しさ”がありました。 #感動


常日頃、ただ身近なよく知っている人だけではなく

関わる全ての人に気を配れたり愛情をもって接していったら

このお客様のように心が温まる一言を言え、happy!な気持ちが広がるのだと感じました。

私も電話やメールでお客様のキャンセル理由を聞くと、大丈夫かな?と心では思っていても中々言葉や文に起こせずじまいなので、

もっとお客様に歩み寄って、色んな人の心を元気にできる営業になりたいと思いました!

1人1人の気遣いの広がりで多くの人が感動し、喜ぶことができる。

今だからこそもっと支え合いみんなで頑張ろう!と言えるように!!


おわり

記事の有効期限: 2020年4月11日 Saturday 1:59pm

コメント

タイトルとURLをコピーしました