1日1物語〜イベント21は面接も一味違う!〜

1日1物語

『 イベント21は面接も一味違う! 』

今日は神奈川支店 倉持さんの物語です!

イベント21に惹かれたきっかけは僕も学生時代少しバックパッカーをしていろんな国を回っていたので社長のブログを見て感銘を受けたことです。

人間味があふれているところにとても魅力を感じていました。

入社前の二次面接のとき、今まで頑張ってきたことやなぜイベント21に入りたいかなど考えがまとまってたので本当にすらすら話せて自分でも「これ良い感じちゃう?」て心の中で思っていました。

でもやっぱりイベント21は一味違う!

社長に「すらすらいきすぎてておもんないな〜なんか今まで失敗した話とか、恥ずかしい思いした話とか、すべらない話みたいなのないん?」という突然の質問を受けました(笑)

まさかそんなこと聞かれると思っていなかったので、びっくりしつつも咄嗟に、高校生の時いつも乗ってる電車の話したこともないけど「いつメンのマドンナ」と勝手に呼んでる綺麗な人が初めて乗ってきた外国人に絡まれてると思い勇気振り絞って止めに入ったらその人に流暢な日本語で「僕彼氏なんですけど」って言われた恥ずかしい高2のクリスマスの話をしました。

すると・・・

社長から「そういうの待ってたんや〜!」と言われた記憶があります。面接終わった後脇汗ビチョビチョになりました・・・(笑)

面接前の説明会の時点から社員同士の空気感がとてもよくて、ほかの会社の説明会よりも社員と学生の距離感が近いし変わっているなとは思ってましたが、面接を受けて人間味重視というかさらに変わった会社だなと思っていました(笑)

そこから面接ですべらない話を要求されて予想もしていなかったので、やっぱり面白い会社だなと思って入社を迎えました!!

おわり

記事の有効期限: 2020年7月20日 Monday 8:00am

コメント

タイトルとURLをコピーしました