第49回you happy, we happy!支援先決定!NPO法人ブリッジフォースマイル

you happy, we happy!支援

こんにちは。奈良本社の鴨池です。

本日は

第49回のyou happy, we happy!支援の支援先が決定しました!

私が推薦させていただいた NPO法人ブリッジフォースマイル さんです!
どんな団体さんなのかご紹介させていただきます!

【NPO法人ブリッジフォースマイル】さん:

Bridge for Smile(ブリッジフォースマイル) | 児童養護施設から社会に巣立つ子どもたちの自立支援
ブリッジフォースマイルは、児童養護施設から社会へ巣立つ子どもたちを応援するNPO法人です。

まずは私が所属しているチーム内で決めた理由をご紹介します。

今月の支援先どうする?何か候補ある人いるかなー?

はい!私も色々調べていて見つけた団体さんなんやけどね【ブリッジフォースマイル】さんっていう児童養護施設から社会に巣立つ子どもたちが自立して過ごせるように支援している団体さん
私は活動内容をみてすごく興味深く考えました。

私も最近よくニュースを見るようになり子どもたちに対する耳を塞ぎたくなるようなニュースを見かける事が多くなりました。
でも絶対にそれを他人事だとは思わず社会で解決していかないといけない問題だと思います。

確かに耳を塞ぎたくなるかもしれませんがしっかりと現実を受け入れてそれに向けた課題解決を私達は考えて行かないとですね。
それを実際に支援されている【ブリッジフォースマイル】さんに決めましょう。

ありがとうございます!この気持を未来ある子供達に届きますように。

ブリッジフォースマイルさんのご活動

鴨池さん、ブリッジフォースマイルさんはどんなご活動をされてるのでしょうか?

色々なプロジェクトをされているようですが、私がホームページを見させて頂いて目についたのは
「巣立ちプロジェクト」と言って、高校卒業と同時に施設を出て、一人暮らしを始める人へ「一人暮らしで必要となる知識やスキルをセミナー形式で学べる。」というプロジェクト
は私も受けたいなと思うくらい興味がありました!

へぇ~!そんなプロジェクトもあるんですね。確かに何もわからないままの一人暮らしは不安も多いはずなのでこういうセミナーがあると自信をもって過ごして行けそうですね!

それ以外にも「アトモプロジェクト」っていう施設を巣立った後もサポートができるような交流会があったり、「ジョブプラクティス」っていう働くってなにするの?とわからないまま就職活動を迎える子どもたちに実際のお仕事体験ができるプログラムがあったりとかなり充実した活動をされています!

なるほど!本当に退所していく子どもたちが安心して社会に巣立っていく環境だったり本人たちの自信に繋がりそうなプロジェクトばかりで子どもたちにとっても「ひとりじゃないんだ!」と励みにもなりそうですね。

それ以外の活動内容に関してはぜひ【ブリッジフォースマイル】さんのホームページをご覧くださいませ!

活動内容 | Bridge for Smile(ブリッジフォースマイル)
子どもたちが笑顔で社会生活を送るための知識と意欲を育む18歳で児童養護施設を出て、自立をせまられる子どもたち……。ブリッジフォースマイル(B4S)では、彼ら、彼女らが施設を「巣立つ前」から「巣立った後」まで、継続的にサポートし、自立を支援するさまざまな活動をおこなっています。子どもたちが抱える「生活するための知識がない

私達にいまできること。

平山ちゃんは今回のYHWH支援を【ブリッジフォースマイル】さんに決めたけどそれ以外にも私達にいまできることってないかな?

そうですね。【ブリッジフォースマイル】さんのホームページを見させて頂きこれできそうだなと思ったことは「古本を寄付して支援する」事ですね。
私が就職活動する際に使っていた就活本勉強本など今では使わなくなった本がたぶん家に眠っていると思うのでそういったものを一度確認してぜひ個人的にも寄付できればなと思います!

いいね!使わなくなった本が家でずっと眠っているより誰かのために活かせれたら本も嬉しいだろうね(笑)

本以外にも、使わなくなったCDやDVD、ゲームソフトや生活必需品など家で眠っているもので何か寄付できそうなものがないか全員、今日帰ったらみてみよう!
もしかしたらそれが誰かの為に約立つ大切な物に変わるかもしれないしね。

そうですね!個人的にだけでなく一度、社内でも声を掛けてみればたくさん集まりそうなので声かけてみますね!

まとめ

今回は私が候補に挙げさせて頂きました【ブリッジフォースマイル】さんへの支援が決まり私達もたくさん学ぶ機会になりました。

ただ普通に生活しているだけだと誰かが困っている事に気づく事もできませんでしたね。YHWH支援の取り組みを受けてお金以外にも何かできる事がないか考える時間となりました。

今はコロナ渦な中で生活を不自由されている方もたくさんいらっしゃるかと思うのでその人達を救える動きを今後も考えて実践していければなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました