1日1物語【7月度ベストストーリー】〜面接で改めて実感!三方良しとの巡り合わせ〜

1日1物語

『 面接で改めて実感!三方良しとの巡り合わせ 』

7月度のベストストーリーは中村さんの物語です!

先日面接をした学生さんがイベント21で働きたいと思ったきっかけを聞かせてくれました!

イベント派遣のバイトをしていた時・・・

結構派遣のバイトで行くと、社員さんが冷たかったり少し怖かったりすることが多々ありました。業務以外の話をするなんてことはありません。
そのようなことが多い中で、イベント21さんの現場に行ったとき、その時の担当の女性がまず簡単ステージを1人で持っていたことに驚きました。
自分は男2人で持っていたのに、、、。その時、イベント21さんの社員さんが、「これ重いでしょ?」と話かけてくださり、「でもこれを一人で持てるなんてすごいですね!」というと、「持てるようになっちゃったんだよね~笑」と笑顔で話をしてくれたことを覚えています。
社員と派遣という立場で冷たい扱いがある中で、立場なども関係なく話かけてくれたり気遣ってくれたことが嬉しく、自分もイベントを行う時こういう人になりたい、こういう人たちと働きたいと思うようになりました。

一番の感動ポイントは、イベント21という存在を覚えていてくれたこと。
そして、イベントを行うなら自分もこんな人になりたい!こういう人たちと働きたい!とイベント21が思ってもらえたことです。

人と人とをつなぐのがイベントであり、そんな場を創るお手伝いをするのがイベント21の仕事であり、その中でハッピーを生み出すのがイベント21の使命だと思っています。

その中でお客様(買い手)のイベントのお手伝いを行い、そこでたまたま派遣として来ていた学生(世間)の中でイベント21という存在が印象に残り、こうなりたいと思ってくれた。そしてイベント21(売り手)未来の仲間として今エントリーしてきてくれている。

どこでどのような繋がりがあるか分からない中で、ハッピークリエイトを忘れず、三方良しを全て体現でき、回りまわってこのような形で新卒1年目という大事な会社にイベント21を選んでくれたことにとても感動しました。


私が面接の時に大切にしているポイントはその人のことを見る事です。
スキルや資格など、持っているに越したことはないですが、そこではなく一緒に 働きたいと思うかどうか、イベント21で一緒に働いたら面白い未来があるのではないか、そこを重点的に見ています。
自分の軸がしっかりあり、やりたいこと、なりたい自分について自分の言葉で話が出来る事。上手でなくても、想いがあること。

そのあたりをとても大切に面接に取り組んでいます!

おわり

中村さん!!7月度のナンバーワン感動エピソードです!!!おめでとうございます!!
選ばれた心境はいかがですか?

実際に面接を行ったのは自分ですが、こういう感動エピソードがこの会社には沢山転がっているはずです!こうやって紹介し、知ってもらえる機会があることが嬉しいです!
こんなほっこりエピソードで溢れる会社があってもいいな~と思うので、もっともっとコアバリューが浸透しこの環境が当たり前になるように自分もこんな対応が出来るよう頑張ります!

記事の有効期限: 2020年8月14日 Friday 3:10pm

コメント

タイトルとURLをコピーしました