MANGA委員会【プロジェクト時代からの筆跡】~2020年1月まで~

仕事の定義化~漫画~ MANGA委員会

どうも!委員長の中で一番輝いているMANGA委員長の松尾です。今回はMANGA委員会に関して色々なエピソードを語りたいと思います。では、三坂さん後はよろしく!

いや丸投げじゃん(笑)
という訳で、丸投げされちゃったMANGA委員会メンバーで二代目CCの三坂です!まずはMANGA委員会というものを簡単に説明します!
という訳で。ここからの語り部は私、三坂でお送りします!

MANGA委員会のプロジェクト時代とは?

左から松尾委員長、滑り芸大熊、二代目CC三坂、ブラジリアン音成、マスコット福島

MANGA委員会自体は元々、プロジェクトという委員会ではない企画段階の物から始まりました。当初は現委員会メンバーでもある福島さんから始まり、途中から作画担当として音成君が入ったりして、紆余曲折あって2019年度に委員会として発足しました!
まずはプロジェクト時代に在籍していた福島さんと音成君からお話を伺ってみましょう・・・!

どうも!三坂や松尾の同期でMANGA委員会副委員長の音成です。
プロジェクト時代は入社して半年しないくらいの時に僕は携わらせていただきました。プロジェクトとの事で、委員会とは全く別として動いてたのもあってスケジューリングにはかなり手こずりましたね。今となっては良い思い出です。

プロジェクト時代リーダー、現MANGA委員会メンバーの福島です。
僕はプロジェクト設立当初から関わらせてもらってるので委員会に昇格した時はとても嬉しかったですね・・・!頑張ったかいがあったなあと実感しました。こうやって委員会としてやらせて貰えるのも一重に皆様のお陰かと感じます。

そういえば福島さん。
僕が加入した時に書いた漫画で面白い物出てきましたよ(笑)

※福島さんです

うっわ懐かしい!
イケメンに書かれた僕やん!(笑)
懐かしいなあ・・・これもう一年半くらい前やで。まじで誰ってなった。

そんなこんなでプロジェクトから始まり、一年かけて委員会として形になったMANGA委員会。2年目からはどうなっていくのか楽しみですね!ありがとうございます!
では、次は実際にどんな活動をしているのかを紐解いていきましょう!

MANGA委員会の活動とは?

「仕事の定義化」というイベント21内での仕事に対する定義を文章化してまとめた物があり、それを分かりやすく発信するために漫画化させていく、それが主な活動となってます。一部ですが、公開しちゃいます!

you happy , we happy!支援という色々な団体等に月に2つイベント21から支援する仕組みです!

ちなみに社員であればいつでも全漫画が読み放題ですよ!他にも仕事の定義化の漫画だけでなく、番外編や社内行事で作られた特別動画も制作してたりしますよ~!
今回は折角なのでサムネイルと動画を一本お見せしましょう♪

こうやってみると、この一年で色々な物が追加されましたね!
僕が入ったころとかは番外編や動画はありませんでしたし。
あっ、紹介が遅れました。イベント21の弄られ担当の大熊です!

ほんとにね~。
私も深く関わり始めたのは委員会になった時くらいからだからこうやって間近で成長を感じられて何かしみじみする(笑)
あ、次は説明会で実際に流れた動画になります!音が出るので注意してくださいね。

実際にイベント21の説明会でも使われた動画

ちなみにこれを流した際は学生にも受けが良かったらしく、こういった事もする企業なんだと興味を持ってもらいました!やったね!

ちなみにこの動画の漫画はプロジェクト時代に説明会専用に特別に作られた漫画で、フルボイスやSEを付けてみたりなど新しい試みでしたね。
その際動画を担当したのですが、とても楽しく作らせていただきました!

漫画に留まらず、動画等も制作する。それがこのMANGA委員会です!
ちなみにこれ以外にも社外に発信した物もございますが、それはまたの機会にという事で・・・。
次にいっちゃいましょう!

MANGA委員会の今月の活動報告

では次にMANGA委員会の1月の活動報告を簡単にまとめて報告させていただきます!
合宿が多く、社内繁忙期と呼ばれるイベント21ですがはてさて・・・。

は~い。1月度は僕が総監督だったので報告させていただきます!
1月度は合宿が多いため人も少なかったので漫画の更新1つだけですね。表上は・・・!詳しい事は松尾委員長に丸投げします。

いやあ~!こればっかりはちょっと今は公表できないですね!(笑)
何て言ったって、「秘密の計画」ですから!

残念ながらこれの報告はお預けという事で。
ちなみに漫画の方は12月に行われたウィンターゲートで行われたMANGA委員会のコンテンツで、「みんなで漫画のラフを作ってみよう!」を行い、それを元に脚本、制作を僕と大熊君でさせていただきました!
作画は石井君、ウィンターゲートに関係した物だったので協力して頂きました!では、ちょこっとコメントを頂きたいと思います!

どうも!ベンチマーク委員会の石井です。ウィンターゲートと言えば僕なので、その中でやっていただいたコンテンツを実際に漫画にするという事で、喜んで立候補させていただきました。ちなみに過去に一回漫画を書かせていただきました!また機会があればやりたいと思います。

余談ですが、MANGA委員会の漫画制作は何も自分たちだけで行うのではなく、全社員を巻き込んで制作するという一風変わった委員会だったりします。
なので、今回の様に他委員会の方が漫画を書くというのは何も珍しい事ではなかったりします。
MANGA委員会からコラボを頼みに入ったり、逆に他委員会からコラボの申し出があったりと、嬉しい事に多方面から声をかけてもらってます。
おかげで松尾君がパンクしかけたりしちゃったけど(笑)

楽しいくらい忙しかったけど、爆発するかと思ったよね(笑)
本当に色々な方にお世話になってます。

ちなみに2月度は私、三坂が総監督、大熊君が副監督なので面白い漫画ができるようにしっかりやって行こうと思ってます!

任せてくださいよ三坂さん!
この僕のキレッキレなトーク力を活かして面白い漫画を作り上げていきますよ!

そうだね。期待してるね(棒)
では最後にまとめに参りましょう!

まとめ~MANGA委員会フォーエバー~

いかがでしたか?
本当に軽くですが、MANGA委員会というものを紹介出来てとても良かったです!
まだまだ新しくできたばかりで右も左も分からない開拓時代なMANGA委員会ですが、少しでも面白そうだなと感じてもらえたら幸いです。
最後に委員長の松尾君から一言貰って終わりにしましょう!

そうですね~。
このメンバーで入れるのもあとわずかですが、しっかりとやる事をやって「MANGA委員会ここにあり!」・・・みたいなこと出来たらなあって思います。これからもMANGA委員会をよろしくお願いします!

そういう訳で!これからもMANGA委員会をよろしくお願いします!
次回はそろそろ次年度のメンバーも少し出てきたりするかも・・・?こうご期待ください!
では、2月度の活動報告でお会いしましょう!
ちゃお~♪

記事の有効期限: 2020年2月13日 Thursday 4:34pm

コメント

タイトルとURLをコピーしました