1日1物語〜母校に伝えるイベント21らしさ〜

1日1物語

『 母校に伝えるイベント21らしさ 』

今日は奈良本社 鴨池さんの物語です!

先日、自分の母校へ会社説明会に行ってきました!

はじめに卒業生である私と京都支店 田畑さんの「なぜイベント業?なぜイベント21を選んだのか」をお題として後輩達に自分達の事を知ってもらう時間を作りました!

通常の説明会だけでなく学生さん対社員で学生さんは専門学校の○×クイズを、社員は会社の事に関する○×クイズを数分で考えてゲームをしました!

会社のクイズだけでなく学校の会社のクイズも取り入れることで卒業生の私達と親近感を持っていただけたのじゃないかなと思います!

その後、約4グループに別れ座談会というなの質疑応答の時間をとりました!

そこでは数人の座談会だからこそリアルな質問や卒業生に直接質問してくださる学生さんもいて普段とは違った説明会になりました。

1度説明会に参加したことがある学生さんから、

「他の企業の説明会にも参加しましたが、こんなに楽しい説明会はなかったです。まさかクイズや座談会まで用意して頂いてると思いませんでした!you,happy!we,happy!をかがけている会社だからこその試みなのかなと思います!」といった声も上がり、肩苦しい説明会をするのではなく相手目線で楽しい説明会を作っていけることがイベント21らしさというものなのだと改めて感じました。

今回、母校で説明会に挑戦してみて、誰かに頼りきりになるのではなく自ら学生さんに連絡したり説明会で使うスライドを用意することにより、「自分の出来る幅」を伸ばすことができました。

また今回の課題が次の自分の成長に繋がるように行動し続けたいと思います!

おわり

説明会などをする際に気を付けていることを教えてください!!

とにかく話しすぎてしまわない事!
話しすぎてしまうと質疑応答の時間で学生さんからの反応が無かったりしてコミニュケーションをとる事ができません!
なので、敢えて話し過ぎずにイベント21を知ってもらう姿勢を学生さんが持って貰えるように心がけています!

記事の有効期限: 2020年7月21日 Tuesday 8:41am

コメント

タイトルとURLをコピーしました