MANGAで伝える大事なこと!

MANGA委員会

こんにちは!MANAGA委員長の松尾です。
今回は、素晴らしい活動を知ってもらいたくて、これを書いています

昨年度、MANAGAプロジェクトの長をしておりました。
福島です。まずは、ともかく完成している漫画みてもらいたいです。

昨年度作成した、MANGA。

テーマ:なぜ、コアバリューがあるのか

僕も、去年見ていて社員でこれほどのクオリティーの漫画ができるのすごいなって思いました!これ、隠しているけど実在する社員さんが出ているんですよね・すごいなあ。

MANGA委員会のミッションを振り返ると、
社員の個性を生かして分かりやすく伝える相手目線の文化を、世界に誇れる日本の文化MANGAを通じて育み、全社員共有化を推進する。
なんだよね!

ということで、イベント21の国際事業部でベトナム出張行ったときにあったエピソードを公開します!

タイトル:みんなドリアン

僕も去年ベトナム視察に同行したんやけど、ベトナムの文化が日本と違っててむっちゃ面白かった(笑)

日本の文化である漫画を、台湾から来たWちゃんが漫画を描いてくれて、出演している人は、ベトナム人、タイ人、シンガポール人、日本人と多様なメンバーだね。それにしてもドリアンくさそう、、(笑)

今僕は、社外の方へ、問い合わせの方法がわかりやすく伝えられる漫画を書いてます!これから、MANGAでの発信は社内のみならず社外に発信していきたいですね!

MANGA委員会では、漫画にしてもらいたい話題やMANAGAの作成にかかわりたい人を募集しています!社外の方も、こんな話題がMANAGAであったらわかりやすいとか、イベント21のこれが知りたい!というのがあればお気軽にお問い合わせください!

社内の方も、脚本、作画希望どしどしご応募ください

記事の有効期限: 2020年4月6日 Monday 8:15pm

コメント

タイトルとURLをコピーしました