「広島、行きたいね」の一言で即決した、社内広島研修ツアーの模様をご紹介!

新着

8月某日、毎月社内で行っている「社内MBA」の事前打ち合わせMTGにて、「広島、行きたいね」という話から一気に実現した「社内広島研修ツアー」。このツアー企画者である、エデュケーション委員会メンバーや、参加したメンバーから色々お話うかがってみました。

いや、ほんまにびっくりした。今回のMBAのテーマが「 地域、概念整理、世の為人の為、本気本音 」やってんけど、社長から「地域を体感するためにはどんなことしたらいいと思う?」って聞かれて「あ、広島の原爆ドームみたいです」っていったらそれが実現するなんて…。

ほんまにそれ。笑 社長から「ええやん!広島いってきー!」って言われて、改めて「あ、この会社はやばい会社だったんやった(いい意味で)」と気づいた。

いや、ほんま私もびっくりしましたよ~。イベント21ってスゴイって、入社してから色々思いましたけど、1番の驚きやったかもしれないです!

そんなこんなで急遽決まった、「社内広島研修ツアー」。なんと計9名の方にご参加いただきました!こんな急に呼びかけてこれだけ集まるのもすごい。

今回のツアー内容は、原爆ドーム視察&被爆体験者の方の講話を聞く でした。

弾丸旅だったので、車で広島へ。普通に行くと5時間くらいで到着しますが、お盆の影響で、渋滞。計7時間もかかりました・・

でも楽しそうな社内!

やっとの思いで、広島へ到着!

初めて原爆ドームに来た!というメンバーも数名。

めっちゃ写真もバシバシ撮ってます!笑 

到着してすぐに、被爆体験をされた方の講話を聞きました。

お話してくださった方の内容がとても印象的でした。昔にも原爆ドームに来て、原爆のことを色々と学んだんですけど、その時とは違った印象でした。なんで違うのかな?って思ったんですけど、昔と今とでは、持ってる情報の量も違うし、その悲惨さもより分かったっていうか・・。言葉にするのが難しいですけど

原爆の被害に遭った人が「伝染病だ」と言って、怪物扱いされていた、っていう話も印象的でしたね。こんな惨劇を二度とおこさないためにも、私達のような若い世代が、戦争や原爆に興味をもって、後世に引き継いでいかなきゃいけないな、って。

うん、私もそれはめっちゃ思った。あと、自分のおばあちゃんに「原爆のこと知ってる?」って聞いたら、あんまり知らなくて、なんでやろう?って思ったら、マッカーサーがプレスコードというものを発令していたから、日本でも原爆のことを知ってる人が少なかったって聞いて納得したなあ。

今まで知らんかったことが結構あったよなあ。でも、日本は原爆落とされた日は覚えているけど、真珠湾攻撃をした日は覚えてない。やられた側は覚えているけど、やった側は覚えてない。こうやって悪い歴史が繰り返されてしまうんやなあ、っていう気持ちにもなったなあ。この原爆の歴史も語り継がなあかんし、それと同時に、日本が犯してしまった過去の過ちも、私達は語り継ぐ必要があるなって。

沢山学んだあとは、お腹もすいているので、広島焼きも食べました!重いテーマな研修の中にも、しっかりと楽しいポイントを押さえていくのも、イベント21流です。

あっという間に日も暮れ、帰る時間。

夕暮れの原爆ドームもまた、私達になにか語りかけているようです。

帰りの社内では感想共有タイム。

ほんまに今日ここにこれて良かったなーって思ってます。前来たときとは違う気持ちになってますし、私達が伝えなければいけないことっていっぱいあるなって思いました。特に、原爆の被害は、1回で終わるんじゃなくて、助けに来た人とか、その被害者の子供とか、どんどん後世にも伝わってしまうものなんだと思うと、今も続いている問題なんだなってすごく思ったんですよね。

私もこの間、ベトナム出張で、戦争の怖さを知って、でもまだまだ世界は平和にならへんのやって気持ちにもなったし、日本だけよければいいやって問題じゃなくて、世界で平和を目指さなあかんのやなあってほんまに思いました。

私が印象的やったんは、海外の人が多かったなーってこと。アメリカの人とか、この原爆ドームを見て一体どんな気持ちなんやろう?って思ったし、それと同時に世界の人たちがこの原爆の悲惨さを知ろうとしてくれている、その事実を体感することが出来たのがすごく良かったかな。みんなで知って、伝えることがまずできる第一歩なんやなって。

被爆体験をした人が「原爆はダメだ!と後世に伝える必要があると思った時、初めて自分が被爆者だと自覚しました」という話をしてくれたのが印象的だったなあ。自分のミッション(使命)が芽生えたとき、恩送りが生まれる、後世に伝えるという行動ができるっていうことを学ばせてもらったように思う。私達も今日色んな事をしって、伝えなきゃいけないっていうミッションを確かに背負ったよな。

みんなそれぞれが、色んな角度で、感じたことがあったようです。 

その後に行われた社内MBAでも、「この事実をどうやって周りに伝えるのか?」というテーマで熱い議論が交わされていましたよ!

かなり今回好評のツアーだったので、次回開催もありそうです♪(もしかしたら社外のメンバーもお招きするかも!?)またオウンドメディアでお知らせできればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました